歯髄細胞バンクについて

再生医療と歯髄細胞の有用性

現在、この再生医療技術は凄まじい進歩を遂げておりますが、一方でその実用 化には再生医療を安全に効率良く行うための適切な細胞の選択が求められていま す。私共はこれまでの一連の研究から、抜去した歯牙に含まれる歯髄細胞が再生 医療の早期実現に極めて理想的な細胞であることに着目し検証を重ねてきました。 すなわち、極めて微量しか採取されない歯髄細胞を再生医療が必要な時に有効に 活用するためには、その細胞を充分に増やして環境の整った適切な施設において 冷凍保存しなくてはならず、この一連の操作に伴う細胞学的な影響を検討してき ました。その結果、歯髄細胞は乳歯や永久歯ともに細胞の増殖能が高く(図1) 、 短期間の培養で多くの歯髄細胞を得ることが出来、細胞の老化に与える影響 (図2)も 少なく染色体も正常に維持されていることが明らかとなりました。

歯髄細胞は従来医療廃棄物として処理されてきた親知らずや乳歯などの抜去歯 から採取可能であることから収集し易く、培養方法および保存方法が確立されて いる点において、これまでの再生医療に関わる諸問題点を解決する理想的な移植 細胞ソースであると確信しております。従って、本事業の遂行により全国の歯科 医療施設のネットワークを基礎とする歯髄細胞バンクが構築出来れば、再生医療 の具現化がさらに加速すると期待しています。

鶴見大学歯学部口腔病理学講座教授
斎藤 一郎

歯髄細胞バンクの将来性

2006年に京都大学の山中伸弥教授らが、衝撃的な研究成果を発表しました。皮膚の細胞から作れる万能細胞=iPS細胞の発見です。
しかし、皮膚は新陳代謝が激しい上、紫外線等の有害な刺激を受けやすく、遺伝子に傷がついている可能性があります。歯髄細胞は、 歯牙という硬組織に保護されているため紫外線や放射線を通さず、内部の酸素濃度も低いため遺伝子に傷をつける物質ができにくい まるでタイムカプセルのような構造をしています。よって、歯髄に含まれる幹細胞はいつまでも若々しい状態で保存されているのだと 我々は考えております。そして私たちは歯髄細胞からiPS細胞を作ることに成功し、その作製効率が皮膚細胞と同等か 、それ以上であることを明らかにしました。(左の写真) 抜去した歯牙から幹細胞を取り出して凍結保存しておくことにより、将来良質なiPS細胞を作ることができます。ご自身の歯髄細胞は 日々進化する再生医療技術にとってかけがえのない財産です。

株式会社再生医療推進機構 学術顧問
岐阜大学大学院医学系研究科准教授
手塚 建一

平成21年6月25日に文部科学省が公表したiPS細胞を用いた臨床研究の見通し

主な疾患 患者で初めて治療を試みる
臨床研究の時期
加齢黄斑変性症 5年以内
心筋梗塞 5〜7年程度
火傷等で痛んだ目 7年以内
網膜色素変性症 7年以内
脊髄損傷・パーキンソン病 7年後以降
白血病・再生不良性貧血 7年後以降
肝不全・腎不全・糖尿病 10年後以降
筋ジストロフィー 10年後以降

歯髄細胞が細胞バンクに適している理由

細胞バンクに適した条件 歯髄細胞の特徴
容易(低侵襲)に採取できること 容易に採取可能
採取チャンスが多いこと 性別・年齢問わず採取可能
細胞増殖力が高いこと 細胞増殖力が極めて高い
遺伝子損傷が低いこと 遺伝子損傷が少ない(タイムカプセル構造)
iPS細胞に用いることが可能であること 効率良くiPS細胞にできる

※骨髄バンクの課題・・・採取時の外科的侵襲
※臍帯血バンクの課題・・・出産時にしか採取できない

細胞保管施設のご紹介

細胞保管施設は、GMP(Good Manufacturing Practice:医薬品の製造管理及び品質管理規則)に準拠したCPC(Cell Processing Center:無菌細胞調整室)を備え、最新の設備でご登録者様からお預かりした細胞を大切に保管致します。