簡単歯髄ガイド

抜いた歯にはすごいパワーが!〜再生医療に活用される歯髄(しずい)細胞の秘密〜

歯医者で抜歯することのメリットはそれだけではありません。
今まで抜いた乳歯や親知らずは捨てるのみだったが・・・
実は抜いた乳歯や親知らずの中には、すごいパワーが詰まっています!!
それが歯髄(しずい)細胞です。

歯髄(しずい)細胞とは
いわゆる歯の神経が歯髄(しずい)細胞であり、さらにその中には良質な幹細胞が含まれています。
幹細胞とは
「細胞のタネ」ともいうべき幹細胞。分裂して同じ細胞を作る能力と、別の種類の細胞に分化する能力をもっています。しかし、残念ながら加齢とともに急激に減少してしまいます。再生医療のためには、できるだけ若く健康なとき、つまり乳歯や親知らずから幹細胞を採取するのが大切なのです。

歯髄細胞には良質の幹細胞があります。

そんなパワーが詰まった大切な歯を
捨てるなんてもったいない!
今まで再生医療のために幹細胞を採取するのは、臍帯血や骨髄からが一般的でしたが、それよりも今まで捨てていた乳歯や親知らずから採取する方が身体への負担が軽く簡単、なおかつ機会も多い。また、歯髄細胞は細胞の増殖能力が高く、歯という硬組織にガードされているので遺伝子に傷がつきにくく、しかもiPS細胞を作り出すことも可能なのです!

歯髄(しずい)細胞の利点

5つの秘密!!
身体への負担やリスクがなく、
手軽に採取出来る
細胞の増殖能力がとても高く、短期間の
培養でたくさんの幹細胞を得ることが出来る
歯という極めて硬い組織にガードされて
いるため、遺伝子に傷がつきにくい
歯髄(しずい)細胞は
ガンになりにくい細胞で、非常に元気
良質のiPS細胞を作り出すことが可能

iPS細胞(人工多能性幹細胞)とは?

歯髄細胞や皮膚細胞を初期化したもので、全身のあらゆる細胞に変化できる人工的に作られる万能細胞です。
2006年、京都大学の山中伸弥教授らが世界で初めてiPS細胞を作り出す事に成功しました。

国内で取り組まれている
幹細胞による実用研究例
(一部実用化済み)

病気リスト

病態解明
万が一難病になってしまった場合の病気の原因究明に
治療方法の選択
副作用の少ない効果的な薬品や治療方法の選択に

歯髄細胞による実用研究例

資料請求

ページトップに戻る