捨てないで!乳歯と親知らず

例えば抜いた乳歯は屋根の上に投げたり、捨てたり、記念にとっておいたり…
じつは使い道があまりないように思われていました。

抜けた歯の中には「歯髄(しずい)細胞」という
驚くべきパワーを持つ細胞が隠れているのだ!!

今、歯髄幹細胞が注目されている

愛知学院大学歯学部
口腔解剖学講座教授 本田 雅規

歯髄は、歯の硬い組織(象牙質)に囲まれた歯の中央部に位置し、血管や神経を含む軟らかい組織(結合組織)です。皆さんが、歯が痛くなった時に痛みを発する神経はこの歯髄の中にいます。
新しい細胞を生み出す細胞が歯髄の中にいる間葉系幹細胞(歯髄幹細胞)です。

歯髄幹細胞(間葉系幹細胞)を外に取り出して適切な環境で増やすと、骨や軟骨や脂肪を作る細胞になることもできます。例えば、歯髄幹細胞を骨の無い場所に移植すると骨ができます。現在では、インプラント治療で骨が足りないときの骨を作るための方法としての開発が進んでいます。
歯髄幹細胞(間葉系幹細胞)の分泌物の中には、血管を誘導する働き、炎症を抑える働き、さらには免疫機能を調節する働きを持つタンパクが含まれていることが分かっており、実験では脊髄損傷直後に歯髄幹細胞を損傷部に投与すると後ろ足の麻痺をある程度抑制する働きがあるということもわかってきました。他にも肝疾患や脳梗塞にも効果があるという実験結果があります。

間葉系幹細胞は、骨髄や臍帯血、脂肪の中にも存在していることが分かっていますが、骨髄や脂肪を採取する時には何らかの処置が必要で体への負担が少なくありません。
また臍帯血を採取するチャンスは出産時のみと限られています。
最も簡単に歯髄幹細胞(間葉系幹細胞)が入手できるタイミングとしては、抜けそうな乳歯などの抜歯の時です。グラグラな乳歯でも歯髄が残っていることが十分あります。乳歯は原則20本ありますから、歯髄幹細胞を入手する機会が多いこともこの細胞が注目されている理由の一つだと考えています。

「歯髄(しずい)細胞」を家族の
安心と最先端医療に役立てよう

〜抜いた歯はDPストックor歯髄細胞バンク®へ!〜

抜いた歯から取り出した、歯髄細胞を最先端医療と家族の安心に役立てるには、実際どのような方法があるのか?

寄付する?(無料)預ける?(有料)

ページトップに戻る