歯髄細胞ガイド

歯髄細胞の魅力

  1. ホーム
  2. 歯髄細胞ガイド
  3. 歯髄細胞の魅力

歯髄細胞(しずいさいぼう)の利点

  • Point1
    身体への負担やリスクがなく、手軽に採取出来る
    身体への負担やリスクが少なく、
    手軽に採取出来る
  • Point2
    細胞の増殖能力がとても高く、短期間の培養でたくさんの幹細胞を得ることが出来る
    細胞の増殖能力がとても高く、短期間の培養でたくさんの幹細胞を得ることが出来る
  • Point3
    歯という極めて硬い組織にガードされているため、遺伝子に傷がつきにくい
    歯という極めて硬い組織にガードされているため、 遺伝子に傷がつきにくい
  • Point4
    歯髄細胞はガンになりにくい細胞で、非常に元気
    歯髄細胞はガンになりにくい細胞で、非常に元気

歯髄細胞には良質の幹細胞があります

歯髄細胞の魅力

再生医療とは、幹細胞の力を使って臓器や組織の形や機能を再生する最先端の医療技術であることをお伝えしてきましたが、わたしたちの歯の中にも、『歯髄細胞』という良質な幹細胞を含む細胞が存在します。歯髄幹細胞とは、歯の神経である歯髄から取り出す幹細胞のことです。
まず魅力の一つとして、歯髄細胞は採取する機会が多いということが挙げられます。今まで再生医療のために幹細胞を採取するのは、臍帯血や骨髄からが一般的でした。しかし、骨髄から幹細胞を採取するのは時間も体力も必要になるため、ドナーとなるのにはためらう人も少なくありません。また、臍帯血は出産する女性限定となってしまいます。それよりも自然と生え変わり今まで捨てていた乳歯、または親知らずから採取する方が身体への負担が軽く簡単であり、医療廃棄物となる抜去歯から得られる細胞のため倫理的観点においても理想的な細胞ソースと考えられています。


更に、歯髄幹細胞は増殖能力が非常に高いのも大きな特徴です。また、歯にガンがないことでもわかるように、歯という硬組織にガードされているので遺伝子に傷がつきにくいという特性があります。
以上の様に様々な理由で、『歯髄細胞』は、再生医療において重要な役割を果たすことが証明されており、今大きな注目を浴びているのです。

骨髄 臍帯血 歯髄
採取チャンス 骨髄移植時 出産時 乳歯の生え変わりや
治療による抜歯
身体への負担 大きい(麻酔が必要) なし なし
細胞増殖 高い 研究段階 極めて高い
(複数回の治療が必要)
対象疾患 血液のガンなど 血液のガン・
脳性小児まひなど
脳梗塞・血管障害・
歯周病など治療範囲が広い
備考 他人の細胞なので
拒絶反応を起こす恐れがある
細胞の保管事業が普及していて今後の利用拡大が期待される

(スマートフォンでご覧の方は、表をタッチし左にスクロールをお願いします)

再生医療・歯髄細胞バンク・献歯等、
詳しく知りたい方はお気軽にご相談ください
ご相談は無料です。