インタビュー

利用者インタビュー

  1. ホーム
  2. インタビュー
  3. 利用者インタビュー
利用者インタビュー

現在中学1年生、13歳のタナカハヤト君(2019年7月現在)は先月歯髄細胞バンクにお申込みをされました。
今回は母ミナ様と一緒にその時の様子を伺いました。

なぜ歯髄細胞バンクを利用することに決めたのか教えてください。
母ミナ様
歯髄細胞バンクはテレビで知りました。臍帯血バンクは周りでも登録している人はいましたが、最近まで歯髄細胞バンクについてほとんど情報をもっていなかったのが事実です。ただ再生医療はこれから研究が進んでいくと思いますし、将来的に息子に何かあった時の保険として利用しようと思いました。早くいろんなケガや病気に使えるようになってほしいですね。
認定歯科施設で抜歯をした時の様子をお聞かせください。
ハヤト君
麻酔をしての抜歯でしたので、痛みは全くありませんでした。
母ミナ様
信頼できる主治医と相談して予約を抜歯までスムーズにいけ、特に息子が嫌がることもありませんでした。
ご心配や不安な点はありませんでしたか?
母ミナ様
実は最初に抜いた歯の培養がうまくいかず、中学生で残りの乳歯が少なかったことが心配でした。2回目で無事成功し安心しています。臍帯血バンクと違って、乳歯が残っていれば何度でもチャンスがあるのはいいですね。セルテクノロジーさんの対応も受付から、経過報告、契約までスムーズでした。
ハヤト君
特に心配な点はありませんでした。送られてきた(培養)経過報告書で初めて自分の歯の細胞の写真を見て、とても興味が湧きました。経過ごとに細胞がどんどん増えていったので、見ていて楽しかったです。
今後、歯髄細胞バンクというサービスはどの様になっていくと思いますか?
母ミナ様
これから世間からの注目度も変っていくと思います。親知らずの歯髄細胞バンクについてテレビでも紹介されてましたし、スポーツ選手などからの依頼も増えていくのではないでしょうか。若いうちから、歯髄細胞バンクについての情報を知っておいていた方がよいと思います。
利用者インタビュー
再生医療・歯髄細胞バンク・献歯等、
詳しく知りたい方はお気軽にご相談ください
ご相談は無料です。