Dental Pulp タイムス

  1. ホーム
  2. Dental Pulp タイムス
  3. 乳歯が抜けたらどうする?保存方法の温故知新

乳歯が抜けたらどうする?保存方法の温故知新

乳歯が抜けたらどうする?保存方法の温故知新

皆様は、お子様の乳歯が抜けたら、その歯をどの様にされますか?

ひと昔前までは、上の歯が抜けると縁の下に、下の歯が抜けると屋根の上へ放り投げる、といった光景が一般家庭でよくみられました。

これは、これから生えてくる永久歯がきちんと、しっかり生えてくるようにといった願いを込めるといった意味もあるようです。

海外でも、それぞれの国でそれぞれの風習があります。
国は違っても、乳歯が抜け、丈夫な永久歯が生えますようにという気持ちは変わらないようです。

また、乳歯は赤ん坊のころから子供と一緒に育ってきたパートナーのようなものです。
放り投げたりはせずに、箱やケースの中に入れ大切に保存している方も多いでしょう。

しかし、本当は外に投げたいけれどマンションなので出来ないといった住環境の影響もあり、仕方なくそのまま捨ててしまう方もいらっしゃいます。

そのような方のために、乳歯を保存するケースがあります。
乳歯を保存するケースは「トゥースケース」と言われ、多くの歯医者さんで取り扱っています。

最近では歯医者さん以外でもデザイン性をもったものが販売されていたりするので知らないうちに、一度くらいは目にしたことがあるかもしれません。

素材は、プラスチックやフェルトなどがありますが、日本の気候に向いているのは、抗菌作用があり防湿効果にも優れた桐の箱と言われています。


いずれにせよ、放り投げるか自分の手元において保存しておくのが最もポピュラーだったと言えるでしょう。
現在でも、乳歯が抜けたら放り投げている方も多くいらっしゃるはずです。

近年、インターネットやスマートフォンの普及に伴い、他の人はどうしているのだろうといろいろと検索する方も多くなりました。
先ほど出ました「トゥースケース」もオリジナルの物を作り、インスタグラム等にアップしている方も見受けられます。

乳歯が抜ける前、虫歯になりにくくする予防歯科への注目も高くなっています。
治療するのではなく、虫歯になるのを予防するのです。
方法としては「シーラント」や「フッ素コーティング」などがあります。

近年では、予防意識が高まり、虫歯のある子どもの割合は昔に比べ激減しています

その反面、「口腔崩壊」といわれ極端に虫歯の本数が多い子どもが見受けられるのも現状です。
これは、金銭的な事情や環境の中で必要な口腔ケアを受けられない事が大きな原因となっています。

このように、乳歯に対しての意識が高まってきている中、抜けた乳歯をどうするか?に対しても放り投げたり、ケースにしまって保存しておくだけではない方法に着目する方が増えてきているのです。

抜けた乳歯の新たな保存方法
皆様は、再生医療という言葉を聞いたことはないでしょうか?
そう、乳歯は大きな可能性を秘めているのです。それを知る方が年々増加しています。

実は、乳歯や親知らずなど抜けた歯の中には「歯髄細胞」というものがあり、これが驚くべき効力を持っているのです。

大きな注目を浴びている再生医療については、歯髄細胞ガイドで詳しくご説明しますので、ぜひこちらを確認してみてください。

「歯髄細胞バンク」とは、その歯髄細胞の中にある良質な幹細胞を保管(バンク)する機関のことです。
最近ではテレビやメディアで取り上げられているので、見たり聞いたりした方も多いと思います。

将来、ご自身の幹細胞を活用した再生治療を受ける必要があるかもしれません。
今まで活用されていなかった乳歯や親知らずは、有効に活用する時代なのです。

もし興味があれば、お子様の将来やご家族の安心の為、「歯髄細胞バンク」とご検討しては如何でしょうか?

歯髄細胞バンクについてはコチラ
再生医療・歯髄細胞バンク・献歯等、
詳しく知りたい方はお気軽にご相談ください
ご相談は無料です。