Dental Pulp タイムス

  1. ホーム
  2. Dental Pulp タイムス
  3. 幼児の歯の生え変わりっていつ?時期や抜ける順番、注意点とは

幼児の歯の生え変わりっていつ?時期や抜ける順番、注意点とは

幼児の歯の生え変わりっていつ?時期や抜ける順番、注意点とは

幼児期の歯は、乳歯から永久歯へ生え変わる準備をしています。親としては、いつ生え変わりが始まり、どのような順番で抜けていくのか、どのような点に注意すればよいのか気になることも多いでしょう。今回は、歯の生え変わり時期や抜ける順番、注意すべきポイントについてご紹介していきます。

乳歯の生え変わりの時期とは?

乳歯の生え変わりの時期には個人差がありますが、一般的には6歳前後から12歳くらいまでに乳歯から永久歯へと変わります。最初に下の前歯が抜けて永久歯へと生え変わり、ほぼ同時期に「6歳臼歯」と呼ばれる奥歯の「大臼歯」が生えるのが一般的です。「大臼歯」は、乳歯がなく永久歯と生え変わる時期に初めて生えてきます。
14歳ごろには、親知らず以外の永久歯が全て揃うでしょう。歯の生え変わりには、それぞれのスピードがあるため、多少遅くてもあまり心配はいりません。ただし、右の犬歯は抜けたのに左は抜ける予兆がまったくないなど、左右の歯で生え方に大きな違いがある場合は、かかりつけの歯科医へ相談しましょう。

乳歯の生え変わりの順番とは?

乳歯の生え変わりは下の前歯から始まるのが一般的でしょう。多くの場合、6歳頃にまず下の前歯が抜けて6歳臼歯、7歳を過ぎる頃には上の前歯が抜けて永久歯へ変わります。8~9歳には、前歯から奥歯へ向けて順番に生え変わり、上下の奥歯は11歳頃です。14歳頃までには、すべての歯が永久歯になるでしょう。
今回ご紹介した歯が生え変わる順番は、一般的な目安であり個人差があるため、生え変わりが順調であれば問題ありません。なかなか生え変わらず心配していても、ある日突然乳歯がグラグラして、一度に2本抜けるというケースもあります。そのため、あまり順番やタイミングに関して神経質になる必要はないでしょう。

歯の生え変わりで注意すべきポイント

ここでは、生え変わり時期に注意して欲しいポイントを3つご紹介します。

乳歯が抜ける前に永久歯が生える

下の前歯でよく見られるトラブルですが、乳歯が抜ける前に永久歯が生えることがあります。乳歯がしっかり生えているにもかかわらず、永久歯が生えてきた場合は歯科医へ相談しましょう。

乳歯が抜けない

思春期を過ぎ、大人になっても乳歯が抜けない現象を「大人乳歯」と呼びます。歯の生え変わり時期を大きく過ぎても乳歯が抜けない場合、永久歯が作られていない可能性が高いでしょう。いつまでも生え変わらない場合、レントゲン検査をしてみることをおすすめします。

永久歯が生えてこない

乳歯が抜けたのに永久歯が生えないことがあります。一般的に、乳歯が抜けてから永久歯が生えるまでは3カ月かかると言われており、あまりに遅い場合は歯科医へ相談するとよいでしょう。ただし、生え変わりに1年かかったケースも報告されているようです。

幼児の歯の生え変わりっていつ?時期や抜ける順番、注意点とは

抜けた乳歯の新たな保存方法

抜けた乳歯の新たな保存方法

生え変わりの際に、お子様の抜けた乳歯はどの様にされますか?
乳歯が抜けたら天井や縁の下に放り投げている方も多くいらっしゃると思います。

今、抜けた乳歯の新たな保存方法が注目されています。
乳歯の中にある「歯髄細胞」は、再生医療等の最先端医療に役立つのです。
再生医療において大きな注目を浴びている「歯髄細胞」については、歯髄細胞ガイドでご案内するので、是非ご参照ください。

「歯髄細胞バンク」という言葉をご存じでしょうか?
幹細胞を使った再生医療に備えることを目的として、細胞を凍結保管するサービスです。
最近ではテレビなどメディアに取り上げられ、見たり聞いたりしたことがある方も多いでしょう。
この辺りは「歯髄細胞バンクとは?」で詳しくご説明します。

将来、ご自身の幹細胞を活用した治療を受ける必要があるかもしれません。
細胞も年齢とともに老化するため、若い元気な幹細胞が、より高い治療効果を発揮すると言われています。
もしご興味があれば、お子様の将来ご家族の安心の為、「歯髄細胞バンク」をご検討はしていかがでしょうか?
今まで捨てられていた乳歯は有効に活用する時代なのです。

あわせて読みたい記事


再生医療・歯髄細胞バンク・献歯等、
詳しく知りたい方はお気軽にご相談ください
ご相談は無料です。