Dental Pulp タイムス

  1. ホーム
  2. Dental Pulp タイムス
  3. 【グラグラ乳歯】抜き方は?抜く際のタイミングや注意点について

【グラグラ乳歯】抜き方は?抜く際のタイミングや注意点について

【グラグラ乳歯】抜き方は?抜く際のタイミングや注意点について

子どもの歯が生え変わるのは、一般的に6歳前後と言われています。だいたい6歳を過ぎたころから永久歯が生え始め、乳歯がグラグラと揺れ始めます。
乳歯がグラグラ揺れ始めると、ついつい気になって抜きたくなってしまうかもしれませんが、グラグラするからといって無理矢理抜こうとするのはNGです。もちろん、抜いてしまうこともできますが、その際はしっかりとタイミングを見計らい、抜き方のポイントを押さえながら行う必要があります。
今回は、グラグラする乳歯を抜いてもいいタイミング、抜く方法や注意点、また抜いてはいけないNGタイミングがいつかなどについてご紹介します。

抜き方の基本、乳歯を抜くのは生え変わり適齢期に入ってから

抜き方の基本、乳歯を抜くのは生え変わり適齢期に入ってから

乳歯の抜き方の基本として押さえておきたいのが、乳歯を抜くのは生え変わり適齢期に入ってから、というものです。
乳歯がグラグラと揺れ始め、なおかつ乳歯が生え変わり適齢期に達しているのであれば、乳歯は自分で抜いてもOKであると考えられています。しかし、生え変わりの適齢期は歯の位置によって異なるものです。乳歯それぞれの生え変わり適齢期を把握しておきましょう。

  • 前歯(中央):6~8歳
  • 前歯(サイド):7~9歳
  • 犬歯:9~12歳
  • 臼歯(手前にあるもの):10~12歳
  • 臼歯(奥にあるもの):10~12歳

乳歯がグラグラしており、なおかつ適齢期にある場合は、抜いても問題ありません。しかし、適齢期ではないのにぐらついているという場合は、虫歯や衝撃による脱臼などが原因になっている可能性がありますので、歯科医に診てもらうようにしてください。

乳歯の抜き方や注意点

適齢期に入り、なおかつグラグラしている歯を自分で抜くこともできます。しかし、多少グラグラするからといって、無理矢理に引っ張るといった抜き方をするのはNGです。そのような抜き方をすると、歯茎を傷つけたり、歯の根っこが歯茎の中で折れて残ってしまったりするといったリスクがあります。

歯がグラグラし始めたら、自然に抜けるのを促すために、子ども本人が舌や指で少しずつ揺らすようにしましょう。少しずつ揺らすことで、自然に抜けるのと同じような感覚で、歯を抜くことができるようになります。自然に抜けるようにすることで、歯茎やほかの歯に負担をかけにくくなり、歯周トラブルなどが起こるリスクが低減するでしょう。

乳歯の抜き方や注意点

歯がもうほとんど歯茎から取れてしまい、歯茎にぶら下がっているような状態になったら、指で引っ張るなどして抜いても問題ありません。その際は、バイ菌の侵入を防ぐためにも、指や乳歯を清潔な状態にしてから行うようにしてください

乳歯を抜いた後に出血することがあります。血が出た場合は、清潔なガーゼを丸め、歯が抜けた場所にあてがいましょう。そしてしっかり噛んで、圧迫するようにして止血してください。ガーゼがない場合は、紅茶のティーバッグなどでも代用可能です。出血の度合いにもよりますが、だいたい5分ほどで血は止まります。仮にいつまでも血が止まらない場合は、すぐに歯科医に診てもらうようにしてください。

乳歯の抜き方や注意点

歯科医で抜く方法が最も安全

次のような状態のときは、決して自分で抜かずに歯科医に診てもらい、抜く方法を決めるようにしてください。

抜けそうな状態なのに抜けない

歯がグラグラし、すぐに抜けそうな状態なのになかなか抜けず、なおかつ咀嚼の際に激しい痛みがあるなど場合は、無理に抜こうとせず歯科医で抜いてもらうようにしてください。

乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきた

一般的に、永久歯は乳歯が抜け落ちてから生えてくるものです。しかし、乳歯が抜ける前に永久歯が生えてくるケースがあります。その際は歯科医に診てもらい、状態を確認してもらってから乳歯の抜き方を決めるようにしましょう。

乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきた

片側は抜けるのにもう一方の側が抜けない

歯は左右対称で生え変わるものです。しかし右側は抜けたのに左側がいつまでも抜けないというケースがまれに起こります。片方が抜けたのにもう片方がいつまでも抜けそうにない、という場合には歯科医に診てもらうようにしましょう。

乳歯が抜けたのに永久歯が生えてこない

乳歯が抜けたにもかかわらず、その場所から永久歯がなかなか生えてこないことがあります。そのような場合は歯茎を小さく切開して永久歯の萌出を促す必要があります。また、過剰歯(歯が多く生えてくること)である可能性も疑える状態ですので、必ず歯科医に診てもらうようしましょう。

乳歯が虫歯などになっている

乳歯が虫歯などによりボロボロになっている状態で、揺らすことができないなどのときも、自分で抜こうとせずに歯科医に診てもらうようにしましょう。歯がボロボロになっている状態で無理矢理抜こうとすると、歯が途中で折れたり、歯の残骸が歯茎の中に残ったりするなど、上手く抜けないリスクが高くなります。また、周囲の歯にも虫歯が発生している可能性もあります、

乳歯が虫歯などになっている

生え変わりの適齢期に入り、なおかつグラグラ揺れている場合は、舌や指で歯を揺らすなどして抜くことができます。しかし、上述したように、歯科医に診てもらったほうがいいようなケースもあります。
乳歯がグラグラしているときには、ここで紹介したことを参考にして、適切な対処をするようにしましょう。

【再生医療】抜けた乳歯の活用法

ここまでお読みいただき、本当に有難うございます。
お子様の乳歯の生え変わりは喜ばしいものです。ただ、グラグラした際の対処法が分からず、疑問や不安に感じることもあったのではないでしょうか?
本記事が少しでも皆様のお役にたてたなら大変うれしく思います。

最後に、これから抜けていく乳歯の新たな活用法についてご案内します。

再生医療について、ご存じでしょうか?
「ips細胞で山中教授がノーベル賞を受賞」といった記事を目にしたことはあるでしょう。
簡単にお伝えすると、傷ついた臓器や組織を元に戻すことが再生医療です。
その点については、再生医療とは?で分かりやすくご案内しますね。


抜けた乳歯の新たな保存方法

「歯髄細胞バンク」は、再生医療に備えることを目的として、生え変わり等で抜けた歯の細胞を凍結保管するサービスです。

近い将来、人の幹細胞を使った再生医療が医学の主流となるといわれております。これからは、生え変わりで抜けた乳歯は捨てずに有効活用する時代です。

細胞も加齢とともに老化していくので、永久歯と比べ乳歯には元気なものが残っていると一般的に考えられております。
お子様の乳歯がまだ残っていれば、1つの選択肢として「歯髄細胞バンク」を検討してみては如何でしょうか?

歯髄細胞バンクとは?

歯髄細胞バンクとは?
幹細胞を使った再生医療に備えることが『歯髄細胞バンク』の目的です。

抜歯した乳歯や親知らずから良質の歯髄幹細胞が採取できるとはいえ、その数はそれほど多くありません(数千~数万個ほど)...

あわせて読みたい記事


再生医療・歯髄細胞バンク・献歯等、
詳しく知りたい方はお気軽にご相談ください
ご相談は無料です。